厚いにも、

ほどがある。

驚きの大きさと

芳醇な旨味

八色しいたけ事業協同組合の取り組み

雪国の暮らしは厳しい。
だからこそ、恵みを活かしきる知恵が生まれた。

越後三山に囲まれ、長い冬の間、
に閉ざされてしまう南魚沼。

暮らすには厳しい豪雪もやがて溶け、
長い年月をかけてゆっくりと地下を通り、
伏流水として、この地に大きな恵みをもたらします。

春から夏にかけて、八種の草花、こぶし、桜、
つつじ、藤、チューリップ、椿、ひまわり、
コスモスが咲き乱れる原、八色原で栽培している
しいたけ、それが八色しいたけです。

に寄り添い、と共に暮らす知恵は、
先人たちから技術となって受け継がれています。

厳しい自然を味方につけて、八色しいたけはおいしく育ちます。

組合について
商品ラインナップ
しいたけ豆知識
農家直伝!おいしいレシピ